伸寿苑のポイント

個別ケアを目指し、介護単位を小規模化

療養生活空間を20名単位と小規模化することで、きめ細やかな個別ケアを目指します。

プライバシーと自立支援に配慮したケア空間

浴室は全て個別対応とし、トイレは4名に1つ使えるよう増設しました。

「座って、歩く生活」の追求・・・可能性へのチャレンジ

介護福祉士の配置率は90%。リハビリテーション専門職9名と協働し、日々「座って、歩く生活」を支援します。入所から3ヶ月間は短期集中リハを週7日、認知症短期集中リハを週3日実施します。

多職種で目指す「その人らしい暮し」の実現

利用者の自立支援とその人らしい暮しの実現に向けてチームで取り組みます。施設長(リハ専門医)による回診を週1回実施しています。

在宅復帰、在宅生活支援の推進

在宅復帰に向けた自宅訪問を実施し、家族への助言・提案を行います。在宅復帰された方には退所後の訪問にて生活状況を確認し、ケアマネージャー、デイケア等在宅部門との連携を行います。

スタッフブログ Facebook Instagram

個人情報保護方針 | リンク集 | サイトマップ